駆除や対策をする前に病気について知っておこう

鳩やコウモリの対策が必要な理由

鳩やコウモリが棲みついたことが原因で様々な病気に感染してしまう恐れがあります。ここでは、駆除を行なっているプロの方に病気に関する質問をしてみました。

鳩駆除・コウモリ駆除をしないと発症する病気

鳩駆除しないとどのような病気を発症しますか?
菌は繁殖をする際に、それぞれ適した温度があります。鳩の体内で繁殖できなかった場合は、空気や糞などに繁殖することもあります。そのため、人間の身体に感染して病気を発症してしまいます。代表的な例としては、トキソプラズマ症やクリプトコックス症、ヒストプラズマ症などの病気を発症してしまいます。状態によっては致命的な病状に発展してしまうこともあります。また、妊娠中の方であればお腹の中にいる退治に悪影響を及ぼしてしまう危険性もあります。自宅に棲みつているのであれば、早めに鳩駆除を行なうことが大切です。
コウモリ駆除をしないとどのような病気を発症しますか?
コウモリが人に噛みつくということはほとんどありません。しかし、直接触ろうとすると噛まれてしまう危険性があります。コウモリに噛まれてしまうと狂犬病に感染してしまう恐れがあります。噛まれないようにするためにも、直接触れにようにしておきましょう。また、コウモリ駆除せずに放置していると、雑菌や菌の繁殖、害虫の発生の原因にもなります。コウモリが好むところとしては、暗くて湿気のある場所になります。その場所に棲みつくと、爆発的に害虫や菌が繁殖してしまい、アレルギー症状を引き起こしてしまいます。

病気を発症しないための対策

ウイルス

鳩やコウモリは様々な病原菌を持っています。菌や害虫の繁殖、アレルギー疾患になる前に鳩駆除やコウモリ駆除をしておきましょう。また、糞の飛散によって繁殖した菌が体内に侵入しないためにも駆除をするのは大切ですが、手洗いやうがいを行なうことも重要です。抗菌剤や殺菌剤で消毒していれば、感染を防ぐことに繋がります。免疫力が低い高齢者や小さな子供がいる家庭となると、被害を受けやすくなってしまい病気に感染してしまいます。しかし、駆除や普段からしっかり対策していれば、家族を守ることができます。

TOPボタン