鳩対策するためにも被害の流れを知っておくことが大切

鳩駆除や対策が遅れた場合の被害

鳩駆除をするか、棲みつかないように対策をしていないと被害が拡大してしまいます。ここでは、被害が大きくなる流れを紹介していきます。

鳩の被害の進み方

ベランダで休む

鳩は移動中の羽休めとしてベランダの手すりで休憩します。ベランダの手すりで休憩している滞在時間は比較的に短いです。この時の被害としては、軽度の騒音や糞汚れになります。鳩がベランダで休憩をしているなら、この時に対策しておくことが被害の拡大を防げます。鳩を寄せ付けないようにしておけば、糞による汚れや騒音に悩まされることはないでしょう。

ベランダで待機するようになる

鳩は天敵に狙われない安心して休憩できるベランダを見つけると、エサや仲間を待つところとしてその場所に定住してしまいます。また、安心して待機できるところだけでなく、寝床として巣が作れる場所なのか確認もしています。待機鳩がベランダに定住していると、糞の量が以前より増えてしまい、洗濯物や建物の外観などがかなり汚れてしまいます。

ベランダに居つく

ベランダの室外機の裏など天敵身を守れる死角の場所を見つけると、そこをねぐらとして認知します。休憩や待機しているよりも滞在期間が長くなります。明るい時間だけでなく、夕方や夜まで長期的に滞在時間がかなり長くなってしまいます。朝方や夜に騒音が気になってしまいますし、ベランダに大量の糞が飛散している状態になります。

ベランダで巣を作る

ベランダに居つく状態を放置した場合、鳩はそこに巣を作って棲みついてしまいます。鳩は頻繁に繁殖する動物で、比較的に安全な場所を見つけるために長い時間をかけて選定を行ないます。そのため、一度安全だと認知されて棲みつかれてしまうと、帰巣本能や縄張り意識で簡単に出ていくことはありません。被害レベルがこの段階だと、鳩駆除を行なうなら業者に依頼した方が良いでしょう。

TOPボタン