コウモリと鳩に嫌われる環境を作ろう

コウモリ駆除と鳩駆除は業者に対策してもらう

コウモリや鳩が自宅に発生した時は、専門業者で対応しています。業者に依頼するなら次の流れで、駆除や対策をしてもらいましょう。

鳩駆除業者とコウモリ駆除業者が行なう作業の流れ

現地に駆けつけ調査を行なう

現場にスタッフが依頼者の家に駆けつけて、現場調査を行なっていきます。施工工事を行なう場所や作業に入る人員、高所作業が必要かなどにあわせて見積もり費用を出していきます。また、調査報告書や施工図が必要であれば提示しています。遠方に住まわれている方でも、加盟店と連携しているので、気軽に相談することができます。

住み着いている場所の清掃

コウモリや鳩が棲みついたところには、糞や尿などでかなり汚れていてこびりついています。糞の匂いなどがあると鳩やコウモリが戻ってきやすくなってしまいます。それを対策するために、高圧洗浄機などの器具を使用して、掃除を行なっていきます。掃除後は、鳩やコウモリが戻って来ないように棲みついていた場所の消毒をして対策します。

忌避剤を設置して近づけないようにする

専門の技術者であれば、コウモリや鳩が侵入してきた屋根や外壁などに忌避剤を撒いていきます。薬剤を撒くことで、コウモリや鳩は逃げて、自宅から追い出すことができます。追い出した後は、全ていなくなったか確認を行ない、侵入経路を封鎖していきます。侵入口を塞ぐことによって、自宅に侵入して棲みつくことはなくなりますし、害獣対策にも綱があります。

確実な対策をする必要があります

自宅に棲みついたコウモリや鳩は、追い払うということが大切です。不十分に追い払うとすぐに戻ってきてしまうこともあります。また、追い払えてもしっかり対策をしていないと効果が半減してしまい、以前よりもっと状況が悪化する恐れもあります。アイテムや薬剤を撒いて、追い払ったり対策したりすることができます。しかし、自分で行なうとなると怪我や失敗の原因になります。そうならないためにも、駆除業者に依頼して対策や駆除をしてもらいましょう。

対策はできても駆除はできない

ハト

コウモリや鳩などの動物は自分勝手に駆除してはいけません。その理由としては、鳥獣保護法といった法律が定められており、許可や申請を行なわないで駆除するのは禁止されています。勝手に駆除してしまうと軽犯罪法に触れてしまい、罰せられてしまいます。自宅に棲みついたコウモリ駆除鳩駆除を行なうのであれば、専門の業者に依頼をしましょう。また、駆除となると殺処分といったイメージを持たれている方は少なくありません。しかし、コウモリや鳩などの動物の駆除というのは、棲みついているところから追い出すといった方法になります。コウモリや鳩は追い出しても何度も戻ってくるといった帰巣本能があります。そのため、コウモリ駆除や鳩駆除を行なった後は、戻ることがないように対策しておかなくてはなりません。業者であれば駆除だけでなく、再び戻って来ないように効果的な対策をしてくれます。

TOPボタン